トップ プロフィール 作品例 大濠公園
ガーデニングクラブ
植物サポート栽培 茶房ファー アクセス
植物サポート栽培
暮らしと共にあるガーデンでは、植物や環境にストレスを与えないノウハウや無農薬栽培を求められています。この度そうした声に答えられるものを長年の植物栽培を通して作りました
ご注文は、メールorファックスでお願いします(ファックスでの注文書はコチラ
送料・振込手数料について、特定商取引法に基づく表記
■植物と人への安心サポート栽培■
 植物体内の生理機能は根と葉で生産されるホルモンで活性化され調整されています。このため、日照不足や低温、高温などのストレスにより根や葉で生産されるはずのホルモンが不足すると光合成機能の低下を招き、発根や発芽不良、着花不良や落花(果)、細胞の老化など生育に大きな支障を及ぼします。
 人間や動物が歳をとり、体内のホルモンの分泌が悪くなることで更年期障害や自律神経失調症、糖尿病などの病気が多くなりますが、植物も同じようにホルモンの不足やアンバランスで生長や生理に障害を引き起こすのです。
Hana * Plusシリーズ】とは、ホルモンのバランスを良くすることにより植物のストレスを緩和させ、化学物質に頼ることなく、出来る限り自然な形で活力ある植物を生育させるために、土作りから考えられた栽培法です。
野草堆肥
土と混ぜ、元肥として使用

阿蘇山のすそ野に群生するカヤと竹を粉砕したものに、牛糞と甘藷由来の糖蜜を混んで2ヶ月〜3ヶ月で完全発酵させた堆肥です。植物の為のバランスのとれた堆肥です。
窒素全量(T-N)1.37%  炭素率(C/N)27.78%
燐酸全量(P2O5)1.52% カリ全量(K2O)3.15%
石灰全量(CaO)2.68%  苦土全量(MgO)0.68%
NET:10リットル 800円(税込)20リットル1.500円(税込)
花プラス
植物の活力と病害虫忌避(顆粒タイプ)

植物が生産するホルモン(サイトカイニン・インドール酢酸)をトウモロコシとソラマメから抽出、製品化したもので、全ての植物の生育や生理機能を助けることが出来ます。

※ヒバ、ヒノキ、松などの樹木から抽出した油と液肥をブレンド、これら樹木油類の抗菌や防菌、害虫の忌避などに加え生育促進にも効果を発揮いたします。土壌混和として施用。(また定期的にも使用)
NET:500グラム 800円(税込)
虫ノン 虫ノンEX
   

今まで、農薬に頼らざるを得なかった

そんな方に、植物を育てる時、

人、動物や環境に影響しない、

害虫対策にお使い下さい。

庭にたっぷり散布しても、愛犬を

自由に遊ばせてあげて下さい。


病害虫忌避液(薄茶色液)

殺虫剤ではありません。あくまで植物に寄ってくる虫が近づかないように、虫の嫌いな匂いで、寄せ付けないように予防するものです。病害虫の予防と忌避に高い効果を発揮します。
虫の嫌がる香りや成分を自然界から抽出、商品化したものです。農薬ではありませんから庭でお子様や愛犬が触れてもまったく悪影響がありません。
虫ノンEXは忌避効果のみですが、虫ノンはうどん粉病、黒点病などにも効果があり、植物にかかるストレスを緩和する効能もあります。

植物に噴霧しますが、雨が降ると効果が無くなりますので、虫の多い季節には雨上がりにこまめに散布してください。

※散布時期:春新芽の出る1〜2週間前、
 新芽が出た直後、2〜3週間おきに夏まで、
 また秋には2〜3週間おきに
 (使用前によく振って、500倍に薄めて散布)


  * 虫ノン   500円(税込) NET:50t

  *(〃 Light) 350円(税込)   〃

虫ノンによるバラの効果                       


昨年12月に植えたバラ。今までバラにはアブラムシが集団で新芽や蕾に集中していましたが、今年は虫ノン散布のおかげでこの通り。
(植木・苗を植え込む時、根に Hana Plusを堆肥と共に混ぜこむ)
                                 



この写真の原種のノバラはこの庭に来て7年になります。毎年虫に襲われ、やっと花が咲く程度でとても綺麗というには程遠いものでした。農薬を使わないと育たないバラは私にとって育てる対象ではありませんでした。毎年虫に襲われていたのですが、虫ノン散布のおかげで、今年はアブラムシが来ていません。これからの開花が楽しみになります。

  

Miyuri企画